マンション投資とローンの関係

マンション投資を個人で行うにあたって、「すべて自分の手持ちの資産ではじめる」という方はほんの一握りの方だけです。節税や保険などのメリットを活かす意味でも住宅ローンや不動産担保ローンなど、金融機関から融資を受けて行います。
マンション投資は利益を早期リタイア、あるいはセカンドライフのための資金形成のためにはじめる、という方も多くいますので、こういった場合は特にローンを組むことが多いです。
マンション投資を成功とさせるかどうかはローンの組み方にあります。

その理由はローンの利息や条件によっては、収入源となる家賃収入とのバランスが合わなくて赤字になってしまうことも起きないと言えないからです。近年ではサラリーマン投資家に対して金融機関が前向きに援助姿勢を見せており、専門の部署を設けてマンション投資コンサルティングをしている金融機関もあります。

ノンバンクでも積極的にローンを提供していますが、やはり大手の銀行や信用金庫に比べると金利が高くなってしまいますので、できれば大手を利用した方が良いでしょう。

しかし、ローンがなかなか通らない場合はノンバンクの方が審査が通りやすいので、臨機応変に使い分けると良いです。



コメントをどうぞ