個人年金保険の重要性

国民年金なのですが、これから起こりうるインフレに対しまして、受給額がそのままでという処置を取ったのなら、実質的に支給額の減額と変わりません。さらに増税もあらゆるところに掛けらて、日本の老後はお金に困るという人たちが溢れかえってしまいそうです。

そんな中、相対的に重要性が増しているのが個人年金保険です。民間の会社が経営している個人年金は、柔軟な発想の商品を開発していることもあり、様々な人たちの将来設計に合わせられます。いずれにしましても、国民年金の受給金額が期待できないのであれば、なにかで補填する必要がありますので、個人年金保険はその穴埋めに適した方法のひとつと認知されています。

国民年金も個人年金保険も現在の段階ではインフレ対策に適していないといわれているのですが、個人年金保険の商品の中には変額年金というシステムを採用しているものがあります。変額年金は社会の物価に合わせた掛け金が設定されまして、それに伴い支給額も変動します。つまり国民年金では対応が後手後手の物価の変動に強い年金なのです。

個人年金保険を利用するのであれば、この様な社会状態に合わせた商品を選ぶ事が重要だと思います。将来のために、加入を検討するのもいいかもしれません。

年金や金融の情報収集には、話題のキュレーションメディア「NewsPicks」がお勧めです。
専門家や経営者のコメントも閲覧出来て非常に参考になります。
なかでも最近人気急上昇中のユーザーをご紹介します。
アブラハムグループ創業者 代表取締役社長 高岡壮一郎



コメントをどうぞ