インフレにも少子化にも対応できる

老後のための資金確保というのは、多くの人にとって悩みの種となっていることではないでしょうか。公的年金だけでは老後を生活出来ないということはわかっているものの、どのようにしてお金を用意すれば良いのかわからないという人も多いのではないでしょうか。そこでここでは、老後のための資金を用意する手段の一つとして、自分年金を利用する方法について紹介していきたいと思います。

自分年金というのは保険会社などによって行なわれている保険商品の一種である自分年金保険のことをいいます。会社によって個人年金保険や、私的年金保険というような名称になっている場合もありますが、いずれも種類としては同じものです。
これらは、保険料として毎月決まった金額を積み立てていき、それを元手にして資産運用を行うことによって老後に年金が受け取れるようになる、というものです。保険料は自分のためだけに積み立てられるため、公的年金のように少子高齢化などによる影響を受けずに済みます。

さらに、景気動向にも対応しやすいという特徴があります。インフレが発生すると積立保険は効果が下がるのが一般的ですが、投資によって資金を拡大している関係上、価値が釣り合うようになりやすいのもメリットです。



コメントをどうぞ

>