積立保険と掛け捨て保険の違いとは

保険には積立保険と掛け捨て保険があります。保障ということを考えればどちらもいざとなった時にとても効果的ですが、持ち合わせているメリットは異なります。
積立保険の最大のメリットは、何も意識しなくても保険料を積み立て続けることによって、自動的に貯金ができてしまう、ということです。一般的には一時金や満期保険金が決まったタイミングで支払われるかがあらかじめ予定されていますので、老後の資金計画が立てやすいのです。将来のためにお金を貯めておきたいと思っても、なかなか貯められない、という方もいらっしゃると思いますが、指定の日付になった時には自動的に口座から引き落とされますので、貯金を目的に利用する方もいらっしゃいます。

積立保険は掛け捨てよりも毎月の支払いが負担が大きくなるものの、計画的にお金を貯めたいと思うなら利用価値はあるでしょう。また、途中でお金が必要に感じた場合は解約することで積み立てたお金が戻ってきますが、満期前の場合は解約返戻金は一般的に支払った金額よりも下回ってしまいますので、その点だけは注意しておきましょう。

掛け捨て保険は保険料の負担は小さく、保障も受けられます。しかし積立保険とは違い、解約の場合は支払った保険金は返ってきません。



コメントをどうぞ

>