Archive for 2015年7月

豊かな老後を過ごすためのワンルーム型投資用マンション

夫婦でゆとりある老後生活を送るためには、毎月約37万円の生活費が必要と言われていますが、一方、国からもらえる公的年金は月々約21万円ほどです。最低限の生活で良いのであれば21万円でもなんとかなるのかもしれませんが、しかし、何か突発的にまとまったお金が必要となったり、趣味や旅行などに使うなどの余裕はありませんので、寂しい老後生活になることは目に見えています。セカンドライフを充実したものとするためには、その差額である16万円を国に頼らずに自分たちでそれぞれ用意しなくてはなりません。 そのためにオススメなのがワンルーム型の中古の投資用マンションです。 投資用マンションは一棟すべて購入しなくても部屋一戸ずつ購入することができます。たとえば、部屋1戸でも毎月手取り収入が5万円ほど見込めるとすると、3戸購入することで15万円の収入となります。この収益で老後の生活費の不足分のほとんどを補うことができます。 おすすめの地域は東京や大阪のような都心部です。田舎暮らしにスポットが充てられる動きも見せながら、やはり利便性で言うならば都心部には敵いませんので、まだまだ需要の多いエリアです。 また、単身者も多いことからワンルーム型の中古マンションは需要が多そうです。 投資用マンション以外の運用戦略を検討したいという方には以下の企業が参考になるかもしれません。アブラハム・ウェルスマネジメント株式会社リスクを出来る限り抑えつつアップサイドリターンを狙っていきたい方には向いているかもしれません。