Archive for the "保険関連" category

積立保険と掛け捨て保険の違いとは

保険には積立保険と掛け捨て保険があります。保障ということを考えればどちらもいざとなった時にとても効果的ですが、持ち合わせているメリットは異なります。積立保険の最大のメリットは、何も意識しなくても保険料を積み立て続けることによって、自動的に貯金ができてしまう、ということです。一般的には一時金や満期保険金が決まったタイミングで支払われるかがあらかじめ予定されていますので、老後の資金計画が立てやすいのです。将来のためにお金を貯めておきたいと思っても、なかなか貯められない、という方もいらっしゃると思いますが、指定の日付になった時には自動的に口座から引き落とされますので、貯金を目的に利用する方もいらっしゃいます。 積立保険は掛け捨てよりも毎月の支払いが負担が大きくなるものの、計画的にお金を貯めたいと思うなら利用価値はあるでしょう。また、途中でお金が必要に感じた場合は解約することで積み立てたお金が戻ってきますが、満期前の場合は解約返戻金は一般的に支払った金額よりも下回ってしまいますので、その点だけは注意しておきましょう。 掛け捨て保険は保険料の負担は小さく、保障も受けられます。しかし積立保険とは違い、解約の場合は支払った保険金は返ってきません。

インフレにも少子化にも対応できる

老後のための資金確保というのは、多くの人にとって悩みの種となっていることではないでしょうか。公的年金だけでは老後を生活出来ないということはわかっているものの、どのようにしてお金を用意すれば良いのかわからないという人も多いのではないでしょうか。そこでここでは、老後のための資金を用意する手段の一つとして、自分年金を利用する方法について紹介していきたいと思います。 自分年金というのは保険会社などによって行なわれている保険商品の一種である自分年金保険のことをいいます。会社によって個人年金保険や、私的年金保険というような名称になっている場合もありますが、いずれも種類としては同じものです。これらは、保険料として毎月決まった金額を積み立てていき、それを元手にして資産運用を行うことによって老後に年金が受け取れるようになる、というものです。保険料は自分のためだけに積み立てられるため、公的年金のように少子高齢化などによる影響を受けずに済みます。 さらに、景気動向にも対応しやすいという特徴があります。インフレが発生すると積立保険は効果が下がるのが一般的ですが、投資によって資金を拡大している関係上、価値が釣り合うようになりやすいのもメリットです。

個人年金保険の重要性

国民年金なのですが、これから起こりうるインフレに対しまして、受給額がそのままでという処置を取ったのなら、実質的に支給額の減額と変わりません。さらに増税もあらゆるところに掛けらて、日本の老後はお金に困るという人たちが溢れかえってしまいそうです。 そんな中、相対的に重要性が増しているのが個人年金保険です。民間の会社が経営している個人年金は、柔軟な発想の商品を開発していることもあり、様々な人たちの将来設計に合わせられます。いずれにしましても、国民年金の受給金額が期待できないのであれば、なにかで補填する必要がありますので、個人年金保険はその穴埋めに適した方法のひとつと認知されています。 国民年金も個人年金保険も現在の段階ではインフレ対策に適していないといわれているのですが、個人年金保険の商品の中には変額年金というシステムを採用しているものがあります。変額年金は社会の物価に合わせた掛け金が設定されまして、それに伴い支給額も変動します。つまり国民年金では対応が後手後手の物価の変動に強い年金なのです。 個人年金保険を利用するのであれば、この様な社会状態に合わせた商品を選ぶ事が重要だと思います。将来のために、加入を検討するのもいいかもしれません。 年金や金融の情報収集には、話題のキュレーションメディア「NewsPicks」がお勧めです。 専門家や経営者のコメントも閲覧出来て非常に参考になります。 なかでも最近人気急上昇中のユーザーをご紹介します。 アブラハムグループ創業者 代表取締役社長 高岡壮一郎